卵の殻

ほら、「それなりに描けるようになったけど、こっからどうすりゃいいの?」って行き詰まるとするじゃん。
つっても、悩んでてもしゃーないから、壁にぶつかったら乗り越えればいいや。
と、イラストの制作中につまずいた疑問を自分なりに解決していく、no.4プレゼンツお絵描き奮戦の記録。
BLEACHに青春を捧げ、BLEACHみたいなカッコイイ画風の、BLEACHが終わっても俺の中では永遠だ!
なんて、痛いことを言い出した管理人が運営してます。
pixivにうpするためのイラストの作業工程を載せてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

イラスト制作一旦停止します


(`・д・´)ノと( ^ω^)のイラストの同時制作。
というのを進めていたわけですが、ちょっとお休みさせていただきます。

勝手な事情で申し訳ありません。
ちょっと急な仕事が入ってしまして、こちらに時間を割くことができなくなってしました。
おそらく十四日あたりから再開できると思います。

わざわざお越しいただき、本当にありがとうございます。

もうしばらくお待ち下さいませorz。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0
スポンサーサイト

ぺんいれっ>(`・д・´)ノ

IMAG0334_1.jpg

とにかくペン入れが恐い。

トレスした線画に墨入れるとか、ちょっとした自殺行為だよね。
せっかくきれいに描けた線画をわざわざ危険にさらすんだよ。
上手くいかなかったどうすんだよみたいな、リスクしかないんだよ。

ペン入れし始めたら始めたで、もう後戻りできないわけで。
元の線画以上にいいもの描かなきゃ。
なんてプレッシャーを、自分で自分にかけ始めちゃう。
別に、失敗したって誰も困らんのにね。
いくらでも修正できるってのに、余計にビビッてペンが紙から浮く。

へろへろっつい線を太くして、影に見立てて誤魔化しつつ。
長い曲線やら、細かい隙間を潰さないように上手く描けると。
そこでようやく筆が乗る。
後は完成まで気力を持たせるだけだ。

そんな工程を経ての完成ってんだから。

この書き上がったときの達成感がたっまんねえのよ。

一種の中毒ですね(笑)。


今回は、ミリペンの0.05と顔の部分に0.03を使用。
学校でペン入れしたので、付けペンは危ないかなっと自重しました。

インクこぼれたら収集が付かん。



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

らふっ・改>( ^ω^)

俺としてはさ。
背景ってのは、キャラから割り出して描くモンだと思ってたのよ。
こんな感じに↓。

IMAG0328_1.jpg

だから、パースよりグリッド使った方良いのかな-。
って、前の前の前の記事で奮闘していたわけだけれども。

だが、諸君。

もっと簡単にキャラから背景を割り出せて。
なおかつ、キャラと背景の比率も分かってしまう便利なツールがあったのだよ。
俺もちょっと前にあった、専門学校の模擬授業受けて知ったわけなんですけどね。

それはズバリ、アイレベル。

なんだ、パースとかでよく使う奴じゃん。だって?
俺もその程度の認識だったんですがね。
甘く見てましたね、アイレベルという奴を。
ちなみに、アイレベルってのは『視線の高さの線』って意味です。

どうやって使うかというと。

とりあえず、キャラ描きます。
そのどっかにアイレベルをビッと引きます。
他のキャラ、小物、背景がその線の下にあるか上にあるかを比較します。

はい。準備完了↓。

IMAG0330_1_1.jpg

なにこれ簡単!今までの苦労なんだったん!?

後は、アイレベルより下にあるモノは線から出ないように、上の奴は線の下に描かないように気をつけるだけ。
これで一応は、変な比率差にはなりません。

s-rahu.jpg

けどなー。
アイレベルだけで、パースの線は引っ張ってないからなー。
立体感をどう付けて良いのかわからんよね。

それじゃあ、パース描こうか?ってなって。
グリッドに手を伸ばした意味がなくなっちゃう。

そこで俺は考えた。

グリッドとアイレベルを組み合わせて、新しい背景の描き方を生み出すことはできないか。と。

もっと色々試行錯誤してみようかと思います。



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
↑役に立ったかなーと思ったらクリックお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

したがきっいろおきっ>(`・д・´)ノ

IMAG0327_1.jpg

s-irooki.jpg

人の第一印象は、三秒で決まる。

まあ、0.5秒とか6秒とか色々言われてますけど。
10秒行かないうちに、その相手はどんな奴か決めつけるわけだ。

絵もまた然り。

いくら時間掛けて描こうが、ざっぱに描こうが、見られる時間はほんの少し。
何秒間の勝負の中で、何を伝えたいのか一瞬で脳裏に焼き付けることはできるのか。
相手の視線を引きつけるほどの魅力が、発せられるのか。

その答えを見つけるために極められてきたのが、配色という理論であるならば。

使わない手はないんだよね。



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
↑役に立ったかなーと思ったらクリックお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

らふっ>(`・д・´)ノ

s-ann1.jpg

s-IMAG0326_1.jpg

グレーの中のピンクは、知性と品格を感じさせる。

明るいピンクは、健康な心身をつくり、人を優しくする。
更に、愛されたいという欲求を満たしてくれる色だ。

暗く濁ったグレーは、心身が弱っている人を癒す。
死の恐怖と戦っている人をなぐさめ、年を重ねることへの不安をなだめてくれる。

再び春が巡り来るような、若々しい喜びを含む配色だ。


なんてふうに。
『売れる色・売れるデザイン』と言う本を、ガン見しつつ。
こっちの絵では、配色に注目して進めています。

同じ色でも、明るさや暗さ、鮮やかさを変えると違うモノになりますね。

案外楽しいお(*´∀`)。



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
↑役に立ったかなーと思ったらクリックお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

らふっ>( ^ω^)

俺としてはさ。
人物から背景を割り出せるようになるのが、理想なのよ。

だから、パースで背景描くってのとは、何か違う気いすんだよね。

というわけで、『グリッドで背景を描こう』という本を買ってみました。

練習無しの、いきなり描く絵に当てはめて描こうとしてみたところ。
まあ、初っぱなでつまずくと←ぇ。
あ、俺、背景描くの下手すぎるわ。
と、凹みつつ現実を受け止めつつ、教本を眺めてみたところ。

このグリッドで背景を描くには、人は勿論、家具や内装との比率を知らなきゃいけない。

という事実に辿り着きました。
その段階がこちら↓。

IMAG0325_1.jpg

マス目の大きさが分かっていても、中に入れる物の大きさが分からない。
それだと話が進まないんですよ。

椅子の大きさも分からん、人の大きさも分からん。
人が椅子に座ったら、どのくらいに収まるのかも分からん。
しかも、人の年齢によっても変わってくる。

今までは人一人に、埋め合わせるような背景ばっか描いていたので。

ここまで筆が進まないとか、自分どんだけ画力無いのよorz。

いきなり現実と向き合う羽目になりますた。
ここまでが、昨日の夜の話。
落ち込んだときは寝るに限るよね。と、三〇分の格闘で終了しました。


んで、今日は、とりあえず人の比率から取りかかってみたわけです。

この絵で主役になる十歳のショタから調べてみる。
十歳(六ヶ月)男子の平均身長は137で、股下は57。
顔の大きさを25とすると、残った上半身は55。
さらに、イラストっぽく足を長く見せるため、膝までを23、かかとまでを34に設定しました。

次に、二人目の二十代の野郎も一応調べる。
とりあえず身長は170で、股下は80。
大人だから顔の大きさを23にして、上半身は63。
足は膝までを26、かかとまでを54にしました。

後、椅子の幅への収まり加減を知るために、肩幅も。
十歳は33、二十代を46としました。

そして、椅子の大きさ。
地面からすわっとこまでを40、そっから60の背もたれ。
幅は38×68。
正確には描けないけど、その幅の椅子をググって参考にすることにします。

ここまで分かれば、グリッドの中に書き込めるね!
ってのがこちら↓。

IMAG0324_1.jpg

すでにここまでで、一時間が経とうとしている……。

だがしかし、もっと大変なのがここからなわけですよ。

材料を揃えたは良いけど、基本となるグリッドを描けなきゃ話にならん。
すでに一回躓いているわけだし、手こずるのは必須。
教本を見る限りでは簡単そうなんだけどね、実際にやってみるとなかなかこれが……。

まあ、うだっててもしゃーねーから、教本の実践例としてあったグリッドをそのまま使ってみる。
一応言っておきますが、拡大版模写です。
教本通りに描いてんのに、教本通りに描けないというジレンマを乗り越えつつ。
四〇分が経過。
このまま力尽きたいところだけど、人と背景を描き込まなきゃ始まらん。

信じられます?
二時間近くかかってんのに、まだスタート地点に立ててないんですよ?

こんなにラフに時間を費やしたことが、過去にあっただろうか。
つっても、振り返るほどの作品数はまだ無いですけどね。
ちゃんとパース使って背景描いた絵なんて、一枚しかないですよ。
そりゃ、背景描くの上手くなんねーわ。

そしてやっと、どんな背景を描きたいかイメージしてみる。
今回は、西洋の地下作業部屋っぽいのにしよう。
と、思い、Google先生に注文付けながら、グリッドを埋めていく。
こんくらいなら、人と背景の比率がすぐ分かるな。
って、辿り着いたのさっき↓。

IMAG0323_1.jpg

結局ラフ出来上がるまで、三時間以上使ってしまいましたorz。
でも、なかなかの達成感はありますね。
それなりに満足満足。

けど、ここで終わらないのがラフというモノで。

こっから下書きに持ってかなきゃならんのですよ。
ついでに言えば、イメージ段階で描いた構図にも直して……。

……あれ?絵って、こんなに描くの大変だったっけ?



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
↑役に立ったかなーと思ったらクリックお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

親に絵を見られる以上に恥ずかしいことはないよね

05.png

夕方五時三〇分。
車校から帰ってきた俺は、絶句する。

自分の部屋にWindows8とPIXUSがセッティングされているではないか。

……。
……ふぁっっ!!?
ちょ、ま、ええ!!!?
なにこれ、はぁっ!?ここ俺の部屋であってる!?
うわ、これめっちゃ嬉しっ……。
いや嬉しいどころの話じゃねえよ、なんだこれ!!!
つーか、あれ!?コピー機の上に何かあrっ

へい、諸君。
 
一体誰が、自分の似顔絵とPhotoshopの擬人化を父親に見られると想像しただろうか。

恥っずかしいよおおおお。


いや、そんなことより!
俺の作業環境に革新が起こったのだよ!!

キャッッホオオオオォォォォォオオヽ(。♋ฺ∀♋ฺ。) ノ



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

千田琢哉さんのお言葉を借りて説明するとこうなる

s-IMAG0318_1.jpg

どうせ二枚同時制作やるんだから。

どの工程でどのくらい時間がかかるか。
どの部分に力を入れるかの違いで、制作時間が変わるか。

とかを、比較してみようと思う。



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村
↑役に立ったかなーと思ったらクリックお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

ご老人向けに絵描けっておま

IMAG0316_1.jpg

うちの学校に老人ホームから、「絵を描いてほしい」というご依頼がきまして。
制作指揮を執らせていただくことになりましたやったー。

ちょ、まてまてまてまて。

何描けばいいかわっかんねえよ!

というのが、第一の感想であります。
とりあえずの要望として、春っぽいの。
制作は二月から。
色塗りは人数集めてやるけど、デザインは俺に任せた。と。
丸投げですか。上等じゃねえか。

それにしても、だ。
何年も残る場所に失礼なモンおけねえよなー。
っていうか、そもそも。
何を求めて高校生に絵を頼んだんですかね。
話題づくりの一環として? 絵を見ることでの安らぎ? 場所の穴埋めで適当に?
イラストを描いて良いのか、美術的なものがいいのか。
いまいちよく分からんけどサンプルとして、一枚イラストを完成させようと思う。
イメージとしては、春だから桜が妥当だよね。
んで、背景は青空。
そうすればピンクと水色の配色になるから、ぱっと見きれいで華やか。
桜を主役として描くからもってこいだ。
花をメインに描くわけだから、服は和服の方しっくりくるかもね。
洋風よりも和風の方が、受け入れて貰えそうだし。
人は男子か女子かって考えると、女子の方が良いと思う。
見る方の年齢的に、可愛がってもらえるような孫的なオーラを醸し出してた方が受け入れて貰えるのではないか。
けどなー、あんまり媚びるようなこともしたくないんだよねー。
上手く描こうとか、誉めて貰いたい。
って欲を持ちながら描いた絵ほど、酷いものはないんだよ。経験的に。
だから俺的には、「安らかならんことを」みたいな、送る絵にしたい。
それこそ桜ってさー。
後何年見られるか分からないものとして話に上がってくるものだしさー?
どっかに死を臭わせるものも組み込みたいんだよねー。
どっかの体の一部を骨にでもしようかな。

と。ここまでの考えに至まで、三日かかりましたおっふ。
上のラフを見ての通りもろコミックイラスト系ですが、目をどうにかして隠せばそれっぽくなると思うんだよね。


どうでも良いけど。
復活したら描くって言ってた奴は、後回しになりそうです。
つってもまあ、困るのは俺一人だけなんだけど。
それか、二枚同時制作とかやってみる?
今月までに二枚完成させる修羅場くぐっちゃう?
なんでそんな無茶するかって?
そんなん二月頭に期末考査があるからに決まってるじゃないですかいじめか!

もういいよ! 描いてやるよ!
後八日で背景付きのカラーイラスト二枚描いてやるよ!

実現できなくても白い目で見ないでね!(切実)



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

黒で締める感じが好き

0.png

IMAG0315_1.jpg

なんてーか、こう。

白黒ではっきりした陰影付けて-。
特定の場所に彩度の高い特定の色だけで塗りつぶす感じが、格好良くて気に入ってます。

塗る手間も少ないしね。

短い時間でクオリティ高く仕上げるには、もってこいですよね。
二枚とも一日で描けましたし。
なので、この塗り方をどうにかして自分のものにしたいんだけど……。
ペン入れの面倒くささが、否めない。

まあ、慣れるまでの辛抱ですが。



↑1日1クリックで応援よろしくお願いします。
  1. [ edit ]
  2. 過去の産物
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

no.4

Author:no.4
2013/11/02 始動
現実逃避から始めたお絵描き。
BLEACHに青春を捧げ、導かれ早五年。
絵の成長を、生暖かく見守っていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

リンク

このブログのバナーになります。 リンクはフリーです。
@horunnrunn
Twitterやってます。更新の通知等に使ってます。
『異次元の島』は、非公式BLEACH夢小説サイトになります。 夢小説という概念が分からない、理解できないという場合は観覧しないことをおすすめします。



『少しは役に立ったかなー』と思われた方は、↑クリックお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ
にほんブログ村


もっとたくさんの知識が欲しい方には、こちらが↑オススメです。

応援よろしくお願いします。

FC2カウンター

« 2014 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。